[948] 薫 近藤薫子 12歳

「少しだけ感じてごらん?」微かに薫る花開く息吹の香りを。「少しだけ言葉を紡いでごらん?」たとえ君が闇に染まろうと光挿す純白の薫りを。すべてに帰結するやすらかな薫りに「君は何を感じる?」花は咲くことを忘れない…日は昇り暮れることを許さない…僕はこの薫りをわすれない…。

948.jpg

948p1.jpg
948p2.jpg
948p3.jpg
948p4.jpg
948p5.jpg
948p6.jpg
948p7.jpg

发表评论

您的评论